日記的なものフォルクローレ的な何か小説論宣伝RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

徒然に妄想 8月26日~8月28日

8月26日

近所の神社の御神木に雷が落ちた。町の自慢だった御神木が燃えてしまって皆残念がったけど、僕は知っている。御神木はオーロットになって昼間は裏の鎮守の森でウロウロしてるし、夜は町を散歩したりしている。今の姿になって歩けるようになった御神木は少し嬉しそうですらあるのだった。

8月26日
なんか、将軍の鷹狩りに由緒のある場所でタマゴを拾ったが、ポッポだろーか。
遺跡周辺でタマゴを拾ったみたいなエピソードは妄想が捗るな。
古墳で拾ったタマゴが孵った。ガーディだった。パーティのエネコをよく守って、近づく怪しいポケモンは追い払う。きっと前世は誰かを守っていたに違いない。

@nihon_youkai · 8月27日
鈴彦姫(すずひこひめ)
かつての日本で鈴が神霊を下ろすための祭具として用いられていたことと、日本神話で天岩戸に隠れた際に天照大神を引き出した天鈿女のことが述べられており、鈴彦姫は神霊を下ろす鈴が化けた妖怪。
→こいつリーシャンじゃねえ?

8月28日
おとろし、という妖怪がいる。神社に入ってくる不信心な者を懲らしめる妖怪らしい。
個人的にはおとろしは鳥ポケモンだと思っている。高い御神木のある神社は大きな鳥ポケモンがなわばりにしたり、巣を作っていることが多いからだ。
絵と全然似てないとつつかれるだろうか。

8月28日
捨てられて雨に打たれたぬいぐるみ達を率いて、自分を捨てた女の子の部屋にたどり着いついたジュペッタ。ぬいぐるみ達に女の子の身体を押さえさせ、テディヒメグマの濡れた腕で口を塞がせる。女の子は息ができず足をばたばたさせるも、やがて動かなくなるのだった。
「これでまた遊べるね」

8月28日
「お前の息子は預かった。私はスリーパーだ」
そんな電話がかかってきたら、大抵悪戯だろうが、まれに本物が公衆電話からかけてきている場合があるという。その場合はカゴいっぱいの木の実を身代金として渡さねばならない。
いや、悪戯でも考えて欲しい。最近、子供を構ってやっているだろうか?

8月28日
シンオウのどこかには、ドダイトスの森があるという。その森は地面がでこぼこで、岩が多い。でこぼこの一つ一つが元ドダイトスなのだ。ポケモンたちを育む豊かな森であるらしい。ポケモントレーナーは所縁のあるドダイトスの墓参りの時のみ、そこに入ることができるという。

そんな話がシンオウ地方にはまことしやかに伝えられていて、畑の向こうの小山は昔は大きなドダイトスだったのよ、とか、あの稲荷山はドダイトスだったのよ。昔は社を背負って歩いていたの。なんて話が各地にある。死んだら相棒のドダイトスの中に埋葬して欲しいというトレーナーも多いという。

ねえ、ダイビンクを教えて。
少年は言いました。ダムの底に行きたいのだと。
だってあそこにはおじいさんのお墓があるの。ドダイトスの甲羅の中で眠っているんだ。ここがダムに沈む時、移そうとしたけれど、ドダイトスと引き離すのは可哀想だから、そのままにしてあるの。

‏@comattane · 8月28日
拝啓、ひいおじい様。相棒のドダイトスのと一緒に埋めてほしいという遺言の件に関しましてお知らせいたします。あなたのドダイトスは今日も元気です。次の世代にご期待ください。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/30(火) 00:20:00|
  2. フォルクローレ的な何か|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホワイティ杯に出ていました

なんか記事にするのも今更感がありますが、ホワイティ杯、という小説コンテストに出ていました。
http://fesix.sakura.ne.jp/contest/2016/

ひさびさのコンテストだったんで大変楽しかったです。
やっぱコンテストはいいよね。
夏コミの原稿中だったので出るつもりなかったのですが、作品が降ってきちゃったのでしょうがない。
あんまり原稿を中断するわけにもいかないから、頑張って一週間で書きました。
(執筆5日、字数削り2日)

……優勝しました。

なんか、やっちまった感がありますがありがとうございます。

夏といえばキマワリ! という事で、キマワリが大量発生する町が舞台になっています。
夏になるとキマワリがやってくる町…実は彼らはお盆にもどってくる先祖的な何かで……
というのが発想の根源なのですが、本編はだいぶ違う感じになっています。
まだサイトには載せてないので未見の方はよかったらご覧ください。

ちなみにラストシーンはニコニコ静画で見つけたこちらの絵に大変影響を受けています。
麦わら帽子をかぶったキマワリ…いいですよね。


  1. 2016/08/25(木) 00:20:34|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

■すっげー小説書いてる二人に生活環境を聞いてみた。

どうも。
最近、新作の無い017さんです。
もっと小説を書きたいのですが、サボッてばかりなのです。
もっと書ける人になりたいのです。
そんな時、尊敬する先生から「自分の欲しいものを持ってる奴を探せ!そしてどうやってるか観察しろ!そして真似しろ! T(とにかく)T(徹底的に)P(パクる)だ!」みたいなお話を聞きました。

そこで私は比較的量を書いてる事に成功している二人の作家へのインタビューを敢行したのであります。

では二人に登場していただきましょう。
まずは1人目。


■フミんさん(twitter;@watahumizoo)

ステータス: 社会人、男性
サークル: 甘く香る杜若
活動ジャンル: ポケモン、オリジナル(ケモノ)
出現イベント: コミケ、けもケット など
URL: http://torihumi-write.chew.jp/

代表作:
グレイブロマンス(ケモノ)
駅から徒歩数分
その他、わりと毒のある短編など。

備考:
ポケモン小説は、ポケモンも人間も人語を操って働いてるといった感じの世界観で描かれる事が多い。
まあそこまではありそうだなとして、まさかマ○ォクシーがソー○嬢やってる小説を見る事になるとは思わなかったよ……。
書くにあたってはかなり体験記などを調べたらしく、小説を読んだ鳩から、「フミんさん、これ書く為に○ープ行ったの?」と尋ねられた逸話がある。
※行っていません


017:
1年間で同人誌何ページくらい書かれてますか。一次二次合計で。

フミん:
ざーっと保存データを見たら
今年40万文字から50万文字くらいでしょうか…
仮に50万文字と見積もっても原稿用紙1250枚分…
残り2ヶ月でもう少し書くだろうけど少ないですな…

017:
文庫本だとだいたい、1ページが650文字(空白があるとして)ですから、
40万÷650=615ページ
50万÷650=769ページくらいですね。
ラノベが年2、3冊出せる分量になります。(……少ない……?)
平日/休日のスケジュール(一番書いてる時)を教えていただけますか。

フミん:
平日 
(前日23:30~翌日06:30 寝る)
06:30~18:30 仕事(準備やら通勤やら)
18:30~20:00 夕食・風呂
20:30~22:00 趣味(日によっては執筆)
22:00~23:30 執筆
23:45~   寝る

休日
(前日24:00~09:30 寝る)
09:30~12:00 起きてから趣味・もしくは執筆
12:00~13:00 ご飯
13:00~15:00 外出(散歩やら市民プールやら)もしくは執筆
15:00~18:00 執筆か趣味
18:00~19:00 ご飯
19:00~20:00 風呂
20:00~23:30 頃執筆
23:45~ 寝る

酷いとずっと書いてる時はあります

【イベントで一緒になった時聞いた話】
短期集中とか無理なんで。
1日のうちに必ず執筆時間を入れるようにしています。
30分とか1時間とか。そうしないと安心できない。

017:
ところでこれって公開していい情報?

フミん:
ブログとかちゃんとしたところなら。

017:
おk 晒すわ


フミんさん、ありがとうございました~

感想:
フミんさんって年3回くらいイベント毎に何か出してるイメージだなー。
やはりあのコンスタント感は、日々のコンスタントの積み重ねという訳だ。
フミんさんは、今まで私が目指してきた執筆スタイルを確立しているっていう感じがしますね。

では、今度はホワイティで名を轟かせるあの方に登場していただきましょう。



■586さん(twitter:586)

ステータス: 社会人、男性
サークル: Production 586
活動ジャンル: ポケモン(ホワイティ)、オリジナル(創作少女、百合)
出現イベント: 文学フリマ など
URL: http://fesix.ifdef.jp/

代表作:
みずたまホットライン
壁はゆめの五階で、どこにもゆけないいっぱいのぼくを知っていた
七八〇の墓標
プレゼント
雨河童
シズちゃんのバッジ
ネネちゃんの手は汚れている

数々の「おい!なんてことするんだ!」「あんまりだ…」「(絶句)」というポケモン小説を世に送り出し、読者にトラウマを植え付けた。そのあまりにもハートフル(×HeartFull ○HurtFull)な内容から、もはや「黒い」という表現では飽き足らない、むしろこれはさらに反転して白……頭の中が真っ白、燃え尽きて白、みたいな流れでその作風は「ホワイティ」と呼ばれるようになった。
たまにいい話も書くのだが「何か裏があるのでは」と疑われている。
いや、ないはずがないだろう。あるに決まってる!!!


017:
1年間の執筆量を教えてください。

586:
2011年 約13万字
2012年 約8万字
2013年 約66万字
2014年 約35万字
2015年 約45万字

017:
(…文庫本換算中)
2011年 約13万字 →200P
2012年 約8万字  →123P
2013年 約66万字 →1015P
2014年 約35万字 →538P
2015年 約45万字 →692P
(こいつ、くるってやがる……特に2013年)

017:
1週間の執筆スケジュール(1番書いてる時)どんな感じか教えてくれない?

586:
平日はこんな具合(´ω`)
22:30-04:30 睡眠
04:30-05:20 朝の支度
05:20-06:30 通勤
06:40-08:20 書き物
08:30-20:00 お仕事
20:00-21:10 帰宅
21:20-22:00 運動
22:00-22:20 入浴

017:
(なんとなく知ってたけど)超朝型ワロタ

586:
ちの場合会社にフリースペースがあって、そこで始業までぼちぼち書いてたりします(通勤ラッシュを回避したいので
最近ちょっと乱れがちなので直していきたい(´・ω・`)
あと、寝る前に軽く運動してお風呂入るのはかなり有効であります

017:
寝れそうだしな。参考になる。食事はどんな感じ?

586:
朝は豆乳とチョコレート、お昼は自分で作ったお弁当、夜は食べないか、お腹空いてたらもやしとか炒めて食べてる(´ω`)

017:
おおー。お弁当は0430-0520の支度中に作るという事かしら?

586:
そうそう(*'ω'*) だいたい入れるものを決めてるからほぼルーチンワークと化してる感じー

017:
移動中にやってる事はある? ネタ出しの資料とかはいつ読んでる?

586:
休日に読んだりすることが多いかな。最近だと漫画がインプットになることが多いから、最初から最後まで通して読んだりしてる(´ω`) 移動中はツイッターでだらだらしてる(←

017:
そこまで詰まってると移動中は逆に休憩ってわけだな。

586:
そうなのよ(´・ω・`) あと、勤務先までに一時間の間に二回乗り換えがあるのでせわしないというのもあります……

017:
では休日を

586:
休日
05:00-05:30 起床~軽く運動
05:30-06:00 朝ご飯
06:30-08:30 家事(洗濯・掃除・片付け等)
09:00-11:30 ドトールとかで書き物
11:30-12:30 外でお昼ご飯
13:00-15:00 家でのんびり
15:30-17:30 再びドトールとかで書き物
18:00-21:00 晩ご飯とかお風呂とか
22:00 就寝

日によって違うけど大まかにはこんな具合ねー


感想:
みたかお前ら。これが朝型効果だ。
いや、すごいよ…そりゃああんだけ圧倒的な量が書けるわけだよ。
1年に1000ページ書きたかったら、大長編を成し遂げたかったら徹底的に朝型だな……。
ちょっともうこれはなんかこう、超越しちゃってる感じですよ。


全体的な感想:
フミん型こと夜型、ゴーヤ型こと朝型の差はあれど、とにかく1日のどこかに必ず執筆時間が入っているというのが、印象的でした。
もうね、これはやはり圧倒的に時間の投資なんですね。
執筆スピードとかはまぁなくはないですし、この二人は相当書きなれてはいますけど、
何より、時間、時間、時間、執筆時間、量!
かけた時間がものを言うっていうのを徹底的に突き付けられた感じがします。

おめーら、環境とか、アイディアとか手の速さとか才能とか言ってる場合じゃねーぞ!
とにかく量だ! 時間だ! そこから目を反らすな!
と、言われた気がしますね。
時間を投資しないから書けない。
書けないのは時間を投資していないから!
(※ただいま、自分に言い聞かせています)

私はフミん型に失敗しているので、ガラっとやり方を変えて、ゴーヤ型に挑戦してみようかなって思ってるところです。
(※何かを変えたかったら、ガラっと変えてしまうくらいの勢いでやらないと…というのも某先生のアドバイスです。)

23時過ぎたので寝ます。


それではー。
  1. 2015/10/30(金) 23:21:08|
  2. 小説論|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

短編とは何か

フミんさん いわく、
ポケモン二次創作の初作品の特徴として

・ポケモンリーグで優勝する話を書こうとするも打ち切り
・ポケダンの話を壮大に書こうとするも打ち切り

というのがある。
実は私も大昔にこのパターンにはまっていて、結局それはマンガのネームを一話だけ書いて先に進む事はなかった。

作品ができない。「完結」しない。
とはあちこちで聞く話だ。



とりあえず私はそんな嘆きに対する対策の一つとして、
何度も「短編」を書きなさい、と申し上げている。

ポケモン小説のストーリーってものは「大冒険をして悪の組織を倒して最後にチャンピオンになること」だと思ってる人が多いのだが、私は何度でもそれは違うと言いたい。

初めてのポケモンを貰う。
初めてポケモンを捕まえる。
親に許してもらって旅を始める。
そんな事こそが、「小さな変化」こそがストーリーなんだよ、と言うようにしている。

みなさん、目指す物語の単位がでかすぎやしませんか。

という事を繰り返し申し上げてきたつもりだ。



ところで私、
「完成されないまま放置された作品の恨み」っていうのをいつか作品のネタとして使いたいなって思ってる。

こいつはいつまで経っても完成作品を作れないダメな作者を責めたてるやっかいな敵なんだわ。

こいつを倒すにはどうすればいいか。
たぶん何通りかあると思うんだけど、答えの一つとして、
「短くてすっげーありふれた作品いいから完成作品をぶつける事」というのがある。

でも、それってこの程度しか作り出せない、こじんまりとした一個人でしかない自分を認めるってことだから、「小さい変化」ながら結構な勇気がいる事なんだろうな、と。

壮大で漠然とした作品を夢見る子供をやめて、つまらない大人だと自覚する事。
自分には長い話など書けないと悟った時、幻想は砕け、私は特別ではなくなるのだ。

私はつまらない大人。
並の事しか書けない。

短編を書くってたぶんそういう事。

だがその並の事であっても、完成させれば意外と反応はあるものだ。
なぜなら並で、ありふれているからこそ人は共感するからだ。

私はそういう「共感」っていうのが作品として大事なことじゃないかなって思うんだけど、たぶん創作を挫折して挫折して、やっとなんか小さいものを作れて、一巡した人じゃないと、あんまり共感してもらえないんだろうな。



しかしそれでも私は言おうと思うのだ。

チャンピオン? ならなくていいです。
悪の組織? 倒さなくていいです。
世界? 救わなくていいです。

それより、あなたの初めてのポケモンのこと、初めてバトルに勝った時の事、旅しててちょっと嬉しかった事なんかを教えてくれませんかね。
  1. 2015/05/22(金) 23:55:45|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小説を楽しむのには訓練がいるという話

某ホワイティな人のTLでこんなのを見かけた。

差別問題と言っても過言ではない #小説サークルあるある http://togetter.com/li/787828

表紙見る→めくる→「(チッなんだ)小説か…」

ってのはよくあるらしい。

「ここは【コミック】マーケットなんだからマンガ以外はサークル参加するな、落選したサークルの迷惑を考えろ」と面と向かって言われる

ひどい事言う人がいるもんだ…
コミケはあらゆる媒体の創作を認めてるんだが…


かくいう私も小説書きなので、漫画に比べると云々みたいなジレンマは多少なくもない。

ただねー、
「漫画以外は出すな」なんて言う輩は論外として、
「なんだ小説か」っていうのはね、(顔に出すのはよくないけど)仕方ない側面もあるかなって思ってるんだわ。


というのもね、
小説って漫画に比べると、読む人に要求する項目がすごく多いんですよ。

・読むのにかかる時間
・知識(単語力 猫という単語から猫の姿が浮かぶか?)
・一定の国語力
・集中力
他にもいろいろあるかもしれない。

いわば鑑賞するほうに手伝ってもらって(想像力を付加してもらって)成り立つのが小説なんだわ。

小説ってのは内容を理解してもらう為に、読者にある一定のレベルの教養(と読むための時間)を要求してしまうんだよ。

たとえば今、私、冬山が舞台の小説を書くために新田次郎の「孤高の人」読んでるんだけど、あれって登山の知識があるのが前提の文章なものだから、登山部分が半分も理解できない。ラッセルってなんだっていう。
でもこれ、少なくとも漫画ならラッセルが何してるかは絵を見ればわかる。
つまり漫画がある種、小説に対して優越してるってのはそーゆーことなんだよ。

小説→漫画→アニメ(映像作品)に段階が進むと、鑑賞は受動的になってラクになる。段階が進むにつれて鑑賞する人が「手伝う」度合いが減っていく。
つまるところ理解をするために必要な情報を本人が調べなくて付加してくれるのが、漫画や映像なのね。

裏を返せばね、その分手間がかかってるの。
お前の小説の1ページ分、漫画にしたらものすごい作業量だぞ!
ただし、作業量こなした分だけ読者ハードルが下がるぞ!
そういうことなわけさ。
「伝える情報量を(主に視覚的な意味で)増やした」のが漫画なのね。

だから「なんだ~小説か~」ってのは
私はそれを楽しむ訓練までは積んでません、という事。

一部の活字中毒を除いて、小説は鑑賞するのに時間と労力がいるものなんだ。
たぶん我々字書きが思ってる以上にね。

考えてもみろ。
小学生はいきなり「山月記」とか読めない。
小学校から高校へと続く国語教育があって初めて読めるんだ。
私、高校生の時、正直あれ読むの大変だった。


つまり

× 小説がダメ・小説が差別されている
○ 読み手の練度があなたの小説を楽しめるところまで行ってない

って考えたほうが、幸せになれる気がする。


小説はね、漫画に比べたら、手に取る数が少ないのは当たり前なの。
読者を選ぶの。楽しむためには訓練がいるの。
そういうメディアなんですよ。
  1. 2015/03/05(木) 02:18:07|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。