FC2ブログ
日記的なものフォルクローレ的な何か小説論宣伝RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

おおかみこども感想【ネタバレあり】


注意!
おおかみこどもの雨と雪の【ネタバレ】があります。







総合的に見ると「よかった」と思います。
サマウォよりは個人的にはこっちが好みでした。
サマウォが動ならこっちは静かな。

難点を挙げるなら、主人公の女子力とスペック、身体機能が高すぎだろうというところか。
バイトしながら国立大学に通っているあたりそもそもスペックが結構高いのだがやはり気になった。
雪の中を追いかけていく描写があるけど、もっと遅く追いつかないと駄目だし、肩で息してないとリアルじゃないと思った。人間とおおかみの体力の差が出てるとよかったなぁ。
あと、ワンピース作っちゃうあたりどんだけ女子力高いんだと思いました。(ここは無視してもいいけど)
一番気になったのは息子との別れのシーンかな。
気持ちの切り替えが早すぎます。あそこの場面で無理に笑わせる必要は無かったのでは。
「ああ、息子は大きくなったんだな」という感慨と言うか驚き程度の表情でよかった。笑顔を作る必要は無かった。
ああいうのを切り替えるのには時間がかかります。
受け入れるのには時間がかかるのです。
後で遠吠えを聴くシーンがありましたので、笑うのはその時でよかったと思う。急ぎすぎたと思います。

(※)
一応、これの複線として、いつも笑っているように教育されて父親の葬式の時でさえ笑顔でいた為に親戚に不謹慎だと怒られた、と話すエピソードがあるのですが、わざわざそんな複線張らないで、別れの時は普通に泣いててよかったと思いました。


一方で、娘、息子の成長過程の描写は見事でした。
特に娘のほう。学校に行きたいが為に一生懸命がんばったり、みんなに合わせようとしたり、痛いところをついた男の子を避けたり、ああ、あるある! 女の子ってこうだよ! こんなんだよ! という感じでかなりうならされましたここは見事でした。
そうそう女の子は自分を受け入れてくれる人が欲しいものです。それが女の子です。
草太君はいい男です。

あと姉と弟で「人間だ」「おおかみだ」で言い争ってケンカになるところ。
「学校に行きなさいよ!」って言うところがすごくお姉さんっぽいなぁって。
で、ケンカするんだけど以前は弟よりずっと活発でおおかみらしかった姉が弟に負けちゃうというね。
二人の違いが決定的になるあそこのシーンはすごく良かったと思います。

あと「先生」に師事している時の雨君のビジュアルってまだ人間が入っててとてもアニメ的というか、先生と並べたときに若干違和感があったのが、独り立ちする時は先生に近づいて、野生動物のビジュアルになってるのがうまいなって思いました。
お母さんを山の中から安全なところまで担いでいくというのも「もう一人前である、お母さんには頼らないで生きていける」というのを暗に示していますね。
こういうところは本当にうまかったですね。
父と息子の狼ビジュアルにどきどきしっぱなしでした。イケメンだのう。イケメンだのう。


なんか古き良きジブリという気がしました。
もちろんこの作品はジブリではないのですが、最近のジブリよりよほどジブリらしいと思ったのは私だけでしょうか。
最近のはいまいちよさがわかんないけど古めのジブリ作品好き(特にとなりのトトロあたり)な人にはいい映画ではないでしょうか。
お母さんとかと一緒に見ても楽しめるんじゃないかなーと思います。



最後に


お父さんがおおかみおとこのまんま、お母さんと合体するとこはすごくそそりましたので個人的にはもっとやってほしかったです。まる。
  1. 2012/07/24(火) 01:46:09|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pijyon.blog4.fc2.com/tb.php/386-93f8771b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。