FC2ブログ
日記的なものフォルクローレ的な何か小説論宣伝RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

オンリーの感想とか

オンリーお疲れ様でした!
来ていただいた皆様ありがとうございます。
差し入れとかたくさんいただいてしまって、私何も用意してなかったので申し訳ない…! ゆっくりいただきます! ありがとうございます!
あと列整理とか買い物でいない時間が結構あったので、声掛けてくださったのにいなかった事も多かったと思います。申し訳ない……!

以下、ざっくり反省点などを。


とりあえず今後シリーズとしてカゲボウズをやってくにあたって、頒布方法をもっと工夫していかないといけないと思いました。内容が伝わっていない。敷居が高いのです。
そもそもオリトレ小説サークルが我がサークル「ピジョンエクスプレス」と合体していた「ゴーヤロック電算部」くらいなもんで、分かってはいたのだけどすっげー浮いてる状況、まずオリトレって何ってところから解説していく必要があると感じました。
オリトレはポケモン小説ジャンルではすごくメジャーな手法なんですが、ポケ同人という場に出ていった途端に「こいつだれだ」になる。 今回ミニポスター的な感じで、ツッキーとカゲボウズのイメージポスター用意したけれど、オリトレを知らない人にはピンと来なかっただろうなと。

ポケスコベストは短編集で、クジラ博士は1冊で完結するから勧めやすい。今後カゲボウズを続けるにしても、たとえば出していく5冊に1冊はそれのみで完結する短編集や1冊完結を用意する必要があると思いました。小説への入り口としてそういうのが必要だなと。
それは夏コミでベストのみ買った方が、「あっという前に読んでしまったので他ください。」とクジラとカゲボウズを絨毯爆撃していって下さって一層明確になった感がありました(その節はありがとうございます!)。短編集であるベストが入り口として機能しているのです。
ベストや九十九草子が無くなったら、100Pくらいで300~400円くらいの価格帯で、何か出すのもいいかもしれないですね。短編で。とにかく入り口として機能するものは定期的に供給する必要があると感じました。例えば自分の短編とポケスコ投稿小説の中から独断と偏見で選んで許可貰ってセレクションとかでもいい。カゲボウズ(あるいはツッキー)短編アンソロもいいかもしれない。

第二に、表紙バランスも大きいと感じました。
クジラ博士の表紙はオリトレ(トシハル)があまり主張してない。それに公式キャラ(ルビサファ女主人公)がいる。 そしてホエルオーがでかい。これは意図していなかったけれど結果としてとてもバランスが良かった。
ベストや九十九草子は言わずもがなです。
逆にカゲボウズシリーズの表紙はツッキーが主張しすぎなんですね。やりたくてこうしているので後悔している訳ではないですが、戦略的にみればもっとポケモンの割合を増やすのが好ましいのは確かだと思います。三巻目はそのあたりを意識してみるといいと思いました。
続刊で「野の火」が出た暁にはキュウコン前面に出すとかそんな感じで。

次回の出展は、川崎で開催の文芸オンリー、本の杜2(http://ivent-hon-no-mori.com/)になります。
ゆっくりした感じのイベントになると思うので、少部数をこそこそ持って行くつもりです。
気が向いたら、お立ち寄りくださるとうれしいです。

オンリーが終わったので、影花と霊鳥は来週目処に通販ラインナップに加えたいと思います。
  1. 2012/09/18(火) 23:22:25|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pijyon.blog4.fc2.com/tb.php/391-106c3487
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。