FC2ブログ
日記的なものフォルクローレ的な何か小説論宣伝RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

017流 小説感想の書き方

誤解を恐れずに言うなら、小説の感想書きは訓練だと私は思っている。
ビジネス文章にはある程度決まった型が存在するように、感想というものにもある程度テンプレートというものが存在すると私は考えている。
とりあえす、実際に私が使っている手を紹介しよう。


一番簡単なのは気にいった台詞や文章があればそれを挙げ、好きになったキャラがいればそれを伝える事だ。泣いた場合は素直にそう言えばいい。

それと意味がわからなかった場合は、ここまでは理解したんだけどここわかんなかった。
たぶんこういう意味だろうと考えてるんだけどこれでいいの? みたいなのもいいと思う。

少し難易度が上がるけれど、将来の予想なんて方法もありだ。
この主人公はこうなりそうだ。こんなポケモンを捕まえて一緒に馬鹿やりそうとか、こんな人とくっついて、こんな家庭を築きそうとか、こうこうこうなったら幸せになりそうだとか、逆にピンチになりそうとかね。

あと推薦文形式もいいと思う。
ぜひ友人に布教したい! とかこういうクラスタの反応が見たいとかだ。

というような事を一点でも挙げれば感想になる。複合できればかなりらしくなる。


つまり、感想書こうなんて考えず、この作品に対する10の質問があると考えてみるのがいいのではないだろうか。

・泣きましたか?
・気に入ったキャラクターはいましたか?
・好きな台詞は?
・好きな一文は?
・分からない部分ありましたか?
・もっとこうしたほうがいいと思った部分はありますか?
・あなたの考えに似ている所はありましたか?
・主人公は将来どうなると思いますか?
・この作品をどんな人にお勧めしたいですか?
・この作品にタグをつけてください。

などの項目が並んでいる。
全部は回答しなくてよろしい。
一個回答出来る項目があればいい。
それが感想になる。
  1. 2012/12/10(月) 00:26:07|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pijyon.blog4.fc2.com/tb.php/398-ee2282d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。