FC2ブログ
日記的なものフォルクローレ的な何か小説論宣伝RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鳥替え神事 プロローグ

 研究室の電話が鳴ったのは、窓の空が赤く染まりだした頃だった。
「おう、着いたか」
 受話器を取って私は言った。
 電話の主はだいたい想像がついていた。案の定その通りで、出た瞬間に私はそのように言ったのだった。それは今年の春、研究室に新しく入ってきた学生からだった。
「ええ、さっき到着しました。今、ビンビタウンのポケモンセンターです」
 受話器の向こうでそいつは答える。
「ん、そうか。十七時頃に神社から迎えがある。失礼の無いようにな」
 その点に関してはほとんど心配などしていなかったが、とりあえずはそんな言葉をかけると
「ええ、ご心配なく」と、返された。
『相変わらずかわいげの無い奴だねえ』
 そんな声が聞こえたが、無視をして会話を続ける。
「ん、ん……分かった。報告書(レポート)は終わってから一週間以内に出せよ。じゃあな。神主さんにはお前のほうからよろしく伝えてくれ」
 私はそう言うと、その学生――ツキミヤコウスケともう二、三言葉を交わした後に受話器を置いた。そして、
「……電話中は割り込むなと言ってるだろう」
 と、同居人に不満を漏らした。こいつは朝や昼間こそおとなしいのだが、夕刻が近づくと、落ち着きがなくなってくる。交代が近いせいだろう。
『ビンビタウンか。直接行かせるのは久しぶりだね』
 同居人が言う。まったく、人の話を聞いているのか。追求するのも面倒なので、そうだなと、相槌を打つと、
『今年の「鷽(うそ)」を引き当てるのは誰だろうねえ』
 と、彼は続けた。そうしてとうとうと語りが始まった。いつもの事だ。
『あそこは神事のやり方が変わって、同時に「鷽」の持つ意味も大きく変わった。それにまつわる新しいジンクスはこうだ――』
 私は腰掛けていた椅子から立ち上がると食器棚からマグカップを取り出し、豆を挽いた。コーヒーを入れる為だった。私にしか聞こえぬ声が頭に響いている。
 湯を注ぐ。香ばしい湯気が立ち昇る。机に戻り、椅子に座る。カップに口をつける。カップを置く。
 そうして私は背もたれによりかかった。椅子がくるりと回転する。木彫りの霊鳥像が視界に入る。
 声が頭に響いている。同居人の語りはまだ続いていた。




スバメ

どんなに強い相手でも勇敢に挑む。負けてもへこたれない根性の持ち主。
巣立を終えたばかりなので夜になると寂しくて鳴いてしまう事もある。
(ポケモン図鑑より)



---------------------------

カゲボウズ3巻、「鳥替え神事」のプロローグ的なもの。
去年書きはじめて、止まってて、チャレンジャー!2に向けて執筆を再開していますが、間に合うかな。間に合うといいな。
  1. 2013/03/31(日) 01:26:55|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pijyon.blog4.fc2.com/tb.php/410-936357db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。