FC2ブログ
日記的なものフォルクローレ的な何か小説論宣伝RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

遅れてきた青年 真・最終話「帰ってきた青年」

ある朝起きると、目の前にアオバが立っていた。
「やあシロナ! ひさしぶり! チャンピオンにはなったかい?」
「え、え? アオバ!? どういう事なの!?」
「ギラティナに賄賂を渡して、こっちに戻ってきたんだ」
アオバはさりげなくすごい事を口走った。
黄泉がえりも金次第ということか。
と、とにかく、やっとあの時言えなかった事が言えるのだ。
「ア、アオバ! 私ずっとあなたの事が……」
私は言葉を紡いだ。だが……
「ごめんシロナ」
アオバは首を振った。
「え…? 一体どういうことなの!?」
「ごめん……実は俺、人間の女には興味がないんだ」

リンゴーン、リンゴーン。
チャペルの鐘が鳴っている。
「結婚おめでとうアオバー!」
「嫁さんと幸せになー!」
みんながアオバの事を祝福している。
アオバの隣には白いウエディングドレスを着たガブちゃん(ガブリアス♀)の姿があった。
「アオバってば彼女の事が好きだったのね。それじゃあしょうがないわね」
私は溜息をついた。
結婚式は最高潮を迎え、純白のドレスのガブリエルがブーケを投げる。
それがどういう訳か私の手の中に振ってきた。
「そうか……私も新しい恋をしなくちゃね」
そう言って私は気持ちを切り替えた。


そして私は今、手持ちのリオ(ルカリオ♂)と付き合っている。



遅れてきた青年 真・最終話 ~完~
  1. 2013/04/01(月) 12:19:20|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pijyon.blog4.fc2.com/tb.php/412-4fe3c0f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。