FC2ブログ
日記的なものフォルクローレ的な何か小説論宣伝RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フォルクローレにまつわる不思議な話

フォルクローレを脱稿し、夏コミで頒布したはいいが、その後の私ときたら本当についていなかった。

まず、盆明け早々に会社の工場(中部のほうにある)が集中豪雨でやられ、生産がストップする。週末に控える納品……。もし製造が間に合わなかったら、現地で私が頭を下げなきゃいけない。なので、スパコミ関西行きは消え、急遽代理を立てる事になった。
代理の打ち合わせをすべくイベント前日に友人に会いに行き、じゃあ明日はよろしくなどと会話しながら酒が入ったところで今度は電話が鳴る。何かと思って出たら、現場でトラブルがあったすぐに見て欲しいとの旨。私は現地調査に行く事になった。
その週はお仕事を頼んでいる職人さんからはえらい怒られるし、仕事上のとんでもないミスは出るし、まったく気が休まらなかった。
代理で大阪に行ってくれた友人いわくだいぶ疲れた顔をしていたそうな。

そんなある日、さるツイッターのフォロワーさんが秋葉原でヒマしている、コンサルでも愚痴聞きでもなんでもするという。同人業界に詳しい人だったので、フォルクローレの売り込み方を相談すべく本を持って出掛けた。
フォルクローレそのものは大変おもしろがっていただけ、いくつかのアドバイスをいただいたのだが、ここでは割愛する。
で、その人はいわゆる「見える人」らしく、こんな事を聞かされた。

「オカルトを扱うなら、お祓い行かなきゃだめだよ。特にこのフォルクローレに載ってる『鳥居の向こう』とかは危険だね。お祓いが無理ならせめて地元の神社に詣でたほうがいい」(要約)

……まじかよ。
私は苦笑いした。
というのもフォルクローレには「禁忌・都市伝説」カテゴリがあって、その手の話が満載なのである。

それでさっそく次の日、地元の神社(家から徒歩五分)のところにお参りしておいた。

が、次の日曜日のコミティア(一般参加)を経て、月曜日の会社の日である。
私は寝坊した。
携帯のアラームが鳴らなかったからである。
そして気がついた。
無い。社用携帯が無い……。
で、コミティア会場だったビックサイトに電話をかけたら該当の携帯がある言われた。

…………まじかよ……。
神社に詣でたのに全然効果ないじゃないの……。

しかしここで私はとある事実に気がついた。

そういえば前に北海道に行った時に北海道神宮で目標達成祈願をかけてお札を貰った。
そのお札を一年以上経ったのに返していない…………。

………………。

やばい、と思った。
こうなんか直感的にというか本能的にというか。
週末なんとしても北海道に行って、お札を返してこなければ。
私はそういう考えに取り憑かれた。

さっそくスカイマーク(格安航空会社)のHPを見て見るも金曜土曜ともにすでに満席である。かといってANAとかは高いし……。それで何気なく駅すぱあとで札幌までの路線を調べたら、「寝台特急・北斗星」というのが出た。
寝台か。
そういえば乗った事ないなぁ。
これの切符が取れたら行くか、北海道。

で、ビッグサイトで電話を回収した後に新橋のみどりの窓口で聞いたら、席残ってた。
喫煙席で土曜日出発のやつだったけど。
寝台で一泊して、北海道事態は実質日帰りかー。でも仕方ないや。今回は寝台初体験の旅って事で手を打とう。
と、いうことで切符を購入。
帰りに新橋にある烏森神社にお参り。
「何事もなく北海道に行けますように」
ここまで必死に願掛けしたのもはじめてかもしれなかった。
お札の前に買った切符を供えておいたところ、ついてないのはぴったり止んで、火曜日以降は穏やかに過ごせました。

ちなみに切符買いに行く前、お札と一緒に貰ったお守りが「こんにちはー」と机の引き出しから出てきた事も付け加えておきます。まるで一緒に里帰りさせてね、と言わんばかりのタイミングでした。
さらに一緒に貰った小さな鳥居と神棚?みたいなののセットは分解しようと鳥居を引き抜いたら、期限切れと言わんばかりに折れてしまいました……。

そんな訳で9/6上野出発、9/7札幌着、北海道神宮にお札とお守り返納、その日のうちに飛行機で東京へUターンという強行スケジュールは敢行されたのであります。
もちろん神宮以外の観光(セイコーマートのゆでとうきび食べたりとか)もしたんですが、今回の話のメインではないので割愛を。

オカルトを扱うならお参りかお祓いをしておきない。
あと、お札は定められた期間内に返しなさい。

信じるか信じ無いかは皆さん次第ですが……。
神社のネタやちょっと不思議な話や怖い話が大好きなマサポケのみんなは十分注意してくださいね。
  1. 2014/09/24(水) 01:10:29|
  2. 日記的なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pijyon.blog4.fc2.com/tb.php/428-531bde68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。