FC2ブログ
日記的なものフォルクローレ的な何か小説論宣伝RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

武蔵野の民話と伝説

最近は部屋が片付いてないのでご無沙汰だが神田の神保町古本市が好きだ。
ここで結構民俗学系の本――どこどこの伝説だとか怪談集そういう系を買い集めている。
あまり読めていないのが実態だが。
で、最近そこで買った「武蔵野の民話と伝説」という本を読んでる。
上・中・下で3000円の本だったが、最終日なのか1000円くらいで売ってくれた。
ちなみに昭和50年発行。私なんぞ影も形も無かった頃の本だ。古本市はこういう本がごろごろしてるから怖ろしい。

武蔵野は宿場として発展したところもあったようだが文字通り、どこまでもつづく原野みたいなところだったらしく、狸や狐がいっぱいいてよく人を化かした。狼(山犬)も出たそうだ。水のあるところには大蛇がいて、よく人を引き込んだみたいな話がごろごろしてる。
こういった民話や伝説はポケモン小説と非常に相性が良く、これをポケモンに応用したらどうなるかという事をよく考えているのだが(というかその為に買っており、その結果フォルクローレのようなものが出来た訳だが)、興味深いエピソードがあるので紹介しよう。

昔、田畑を猪が荒らすので、猪穴を掘って罠にかけていたのだが、狼がかかってしまった。
仕方ないので銃で撃って殺したが、その狼は雌で、乳房からは乳が出ていた。
それに気がついた村人は「赤子はいねえか」と言い出す。
というのも狼の乳を飲ませると、虫の気もなく(ようするに病気にならず)丈夫に育つと云われていたからだ。
ちょうど乳のみざかりの子が一人いて飲ませたところ、その子は病気もせずに丈夫に育ち立派な男となった。銃を持たせたら百発百中の腕前で、狼の乳を飲ませたから獲物を獲るのがうまいのだと云われたそうだ。

乳…といえばポケモンではミルタンクだけどこれはいろいろ使えそうなエピソードだと思う。

ちなみにこの本にある武蔵野とはwikipediaに依れば
武蔵野(むさしの)は関東の一地域を指す地域名。
「どこまでもつづく原野」として、あるいは「月の名所」として、古来さまざまな文芸作品、美術・工芸作品に題材とインスピレーションを与えてきた。
とある。
東京の23区より西の…たとえば府中、立川、八王子、高尾、奥多摩のほう。
私なんぞ大学が山梨で川崎から通ってたから、その途中にあったのが武蔵野みたいな感じだ。は高尾山の薬師堂や高幡不動、多摩動物園なんて名前も出てくるので、ちょっと懐かしい。もっとも多摩動物園以外はスルーしていたので、この本を読んで今さら行きたくなったりしている。
神社仏閣の類はこの歳になって、楽しみ方がようやくわかってきたような感じがある。境内でジュースを飲みながらぼーっとしたり、山門の下にカゲボウズが住んでるんじゃないか、あるいはツッキーがどんな人に会ってどんな話をするんだろうなんて考えるだけで楽しいのだ。
今度、高幡不動か高尾山に誰か一緒に行きませんか。
  1. 2014/10/03(金) 08:27:42|
  2. フォルクローレ的な何か|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pijyon.blog4.fc2.com/tb.php/429-5568e8fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。